お問い合わせ

一括お問い合わせ


ECの窓口お問い合わせ

03-6683-2210

ECの窓口お問い合わせ

ショップ運営
Q&A

倉庫管理・在庫管理

受注から発注まで、より効率的に行うためには

ロケーション管理

入庫する棚の場所や、在庫を探しまわる手間を省くためにハンディーターミナルで該当位置を表示することが可能です。
棚卸時には、場所ごとに、担当者に指示をだすこともできるので、作業効率がアップします。

バーコードリーダーの活用

在庫管理をするために、バーコードリーダーを活用して入出荷を電子データとして管理をします。在庫台帳といった、 紙ベースの管理では、事務の方が作業結果を一つずつ打ち込む必要がありましたが、電子データで管理することでその手間を省くことができます。
持ち運びが便利な、ハンディターミナルで、品目の管理や個数の管理が画面上で行なうことができるため、リアルタイムな在庫管理が可能となります。

セット品の在庫管理

これまでは、セット品を販売する際には、通常販売している品とは別に、あらかじめセット販売用の商品を用意する必要がありました。
このため、セット品専用の在庫管理が負担となっていました。この点を改善すべく、セット品の内容を事前登録することで、セット品が売れたときにだけ、 セット品内容の在庫更新をするという在庫管理システムが重宝されています。通常販売している在庫を更新してくれるので、わざわざ、 セット品専用の在庫管理をする手間をかけなくてすみます。

送り状発行システムとの連動

各運送業者会社様の送り状発行システムと連動するには、出荷する受注伝票の情報CSVをソフトに取り込む必要があります。
受注・配送情報CSVデータを各運送業会社様の送り状発行システムに連動させます。

クラウド型在庫管理システム紹介

クラウド型なので、自社サーバーの設置の必要がありません。そのため、初期投資費用を抑えることや、短期間で導入するとが可能です。
ロケーション管理も含めた倉庫・在庫管理サービスを提供している会社を例にあげると、 ロジザード株式会社の「ロジザードZERO」や株式会社オンザリンクス「INTER-STOCK」等があります。

多店舗での在庫連動

多店舗運営をする際に、各店舗の受注と在庫管理を一元化することで、更新がリアルタイムで行なわれます。
よって、在庫を手動でする手間や、更新ができていなかった為に生ずるクレーム、在庫数の不整合を防ぐことができます。